雑誌せどりの仕入れに失敗!からの~返品初体験!

  

雑誌せどりの仕入れに失敗しちゃった

先日仕入れに行ってみたら、ポパイ創刊後と言うのを見つけました。

 

表紙のポパイの絵が、いかにも昔のタッチ。
これは好きな人は好きそうだなと思ったので、リサーチしてみました。

 

すると、月に1冊ほどコンスタントに売れていたけど、
現在はアマゾンで取り扱いがなく、ライバルがいない状態でした。

 

値段は500円。

 

高いなとおもったけど、出品されてる時代に売れている価格帯が3000円ほどだったので、
これは買いや!と思って仕入れました。

 

でもAmazonの扱いがない雑誌を売るのは初めてで不安があったので、
家に帰ってもうちょっと詳しくリサーチしてみることにしました。

 

レビューページ確認してよかった!

アマゾンの販売ページを見てみると、レビューに

 

「復刻版の創刊号を、創刊号として高く売りつける人がいる」と書いてありました。

 

復刻版!!

 

そんなことあるの?!と思って詳しく見てみると、創刊号は1978年なんやけど、
2016年にポパイの特別付録として、復刻版の創刊号がついていたらしいです。

 

えらいこっちゃ!!

 

私が買ったのはどっちやと思って調べてみると...

 

 

 

 

 

復刻版でした…。

 

やってもた~!!

 

 

 

でも、でも。
2016年のポパイを探して、特別付録付として販売したらどう?

と言うことで、2016年の復刻版創刊号が付録でついていた号をリサーチしてみました。

 

 

そしたらまずまず、月に1冊程度は売れていましたが、
残念ながら売れている値段は付録付きで1600円から2000円ほど。

2016年のポパイ本体を見つけて仕入れたとして最低でも110円かかります。

 

まぁまずなかなか110円では見つからないだろうし。

 

復刻版の付録が500円だったから610円。
2000円で売れたとしても、微妙かな。

 

ブックオフ返品初体験!

後日、一応本体の方を探してみると、ポパイ本体は400円。

残念ながら販売するのはあきらめるしかありませんでした。

 

ブックオフは返品ができると聞いていたので、さっそくやってみました。

 

返品する雑誌とレシートをブックオフに持っていって、
返品希望と伝えると理由を聞かれました。

 

普通に「創刊号やと思って買ったら、復刻版やったので返したいんです。」
と伝えました。
そしたら「わかりました。ではお客様都合ということで返品処理しますね。」
って返品してもらえました。

 

 

めっちゃあっさり~♪

 

 

何でもかんでも返品したらええわって気楽にするのはマナー違反やけど、
返品できるって知っておくのは大事なことだと思います。

 

雑誌せどりの場合、仕入れに失敗したとしても数百円程度なので、
またブックオフに売るっていうのも全然ありやと思っています。

 

いい体験できました^^

 

この記事に関連する記事一覧

アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
プロフィール

訪問看護師をしながら、
副業で雑誌せどりをしています。

楽しく稼げる雑誌せどりの
メルマガも始めました。

詳しい自己紹介はこちら

 

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります


お小遣い稼ぎランキング

ページの先頭へ